Googleが自然検索結果のリアルタイム表示を変更?

JUGEMテーマ:SEO


Googleが自然検索結果のリアルタイム表示を変更?

Googleの自然検索で「ツイッター SEO」と検索すると

僕のツイッターアカウントのアイコンとつぶやきを表示する様になっていたのは、以前から確認出来ていたんですが

今日たまたま検索したら

「ツイッター SEO」の結果

こんな感じで表示されていました。

スニペット部分がツイート内容になっていて赤線部分のリンクは直接そのページに行けるようになっています。

以前は確か、ツイッターアカウントのスニペットが出てその下に2つほど最新のツイートが出てきたと記憶しています。

上記のはリアルタイム検索の結果と同じ物ですよね?

クエリを「ツイッター SEO対策 e-search」で検索しても出てきません。
ツイッター SEO対策 e-searchの結果

「ツイッター SEO」のクエリだけなります。

試しに芸能人の方で検索してみました。




どっちのクエリでも出てきますねw

クエリとの関連性で表示されているのは間違いないと思いますが、何時からこうなったんでしょうか?

もしかして知らないの僕だけですか?w


特定のキーワードだけ安定しない事例

JUGEMテーマ:SEO


特定のキーワードだけ安定しない事例

以前にも記事にした内容ですが、再度掘り下げて見ようと思いまして記事にします。

以前の記事は、Googleの不思議な現象です。

この画像は昨年の12月〜今年の2月いっぱいまでの、e-searchの「SEO対策」キーワードの順位推移です。

SEO対策のキーワードの推移

昨年の12月1日以降から、この現象が現れました。

Yahooの検索結果が完全にGoogleと同期した頃からって事になります。

以前にも書きましたが、他のキーワードでは見られない現象で「SEO対策」のワードだけこうなります。

SEO対策のワードは受けてるリンクの中で最も多いアンカーです。

下の画像はOpen Site Explorerで見たアンカーテキストの割合TOP3です。

アンカーテキストの割合TOP3

リンクされているドメイン本数の数で見ると、2位と3位を足しても1位に届かない状態です。

これが原因なんだろうなとおぼろげに考えていますが、他の要因も考えてみました。

仮説

yomi-searchの検索エンジンで無数の相互リンクを行なっている点

僕がサイト運営当初からずっと行なってきたのは、yomi-searchを搭載しての相互リンクです。

この相互リンクしているサイトの中に、Googleから信用されていないサイトが結構あった場合。

トラストランクの概念で考えるとマイナス要因になりかねないと思います。

Googleが何かしらの品質調査みたいな物を定期クローラーに組み込んでいる場合に

一時的にマイナス要因が検知されて順位を下げられる。(評価の低いサイトとの相互リンク)

その後他の要因での評価で元にもどる。(かろうじて許されてる?)

こんな仮説もたてましたが、落ちるのが定期的ではなかったのでなんともいえないのですが

2月に入ってから定期的に安定して落ちてる(笑い)ので、そうかもしれないなぁと。

キーワードが特定されているのは、最も多い不自然なアンカーテキストだからかも知れません。

今後はもっと多くのナチュラルリンクを得れる様に頑張りますw

また何か分かった事がありましたら記事にしたいと思います。


TrustRank(トラストランク)ってなに?に答える

JUGEMテーマ:SEO


TrustRank(トラストランク)ってなに?に答える

トラストランクってSEOの話でよく見たり聞いたりすると思います。

トラストってなに?こう疑問に思った方は多いと思います。

そこで今回はトラストとはなんぞやを解説したいと思います。
(私的な考察も含まれます)

トラストランクという物自体はGoogleのアルゴリズムには存在していない模様です。

評価アルゴリズムの考え方の一つとして捉えて頂ければと思います。

トラストとはリンクの信頼性を表す物

GoogleのSEOにおいては、良質な被リンクを得る事が重要であり

良質なリンクが自然に増えるコンテンツを作る事が重要だと思います。

リンクを増やしたいと考えた場合に、どうしても最初は相互リンクを行なったり

中小検索エンジンに登録したりと、コツコツ頑張らないといけません。

その過程の中で様々なサイトからリンクを受けたり、発したりします。

これらすべてのリンクの評価は一定値ではなく、それぞれ様々な評価要因を介しています。

そのリンクに信頼性はあるのか?それをGoogleが判断する時にトラストが利用されていると考えます。


例えば、海外SEOの鈴木さんが「GoogleのSEOに効くリンクはこれだ!」といったとします。

そうすると、多くの方は信頼すると思います。

しかし、「鈴木さんの友達がそういってた」という時点で信頼度がちょっと落ちますよね?

さらに「その友達の友達がいってた」となると信頼度は急激にガクッと落ちると思います。

この信頼度の指数がトラストだと思って頂ければ良いと思います。

信頼されているサイトからリンクを受けたサイトは信頼できる。

図で説明するとこんな感じです。

トラストの関係図

評価の高いサイトはトラスト値が大きくて

評価の低いサイトはトラスト値が低いと考えて下さい。

この場合の、「自サイト」の評価は何になると思いますか?


おそらく、「疑問なサイト」か「評価が高いサイト」の部類に入ってくると思います。

トラストの高いサイトから直接リンクを受ける事で、その評価はぐっと上がります。

疑問なサイトは、評価の高いサイトからもリンクを受けているが

評価の低いサイトとの関係が深い(数が多い)と解釈して下さい。

評価の低いサイトは、評価の低いサイトばかりからリンクを貰っても

いつまでたっても高い評価は得られないという事です。

トラストランクはSEOスパムの可能性があるサイトや信頼に値するサイトを

こうしたリンク網で抽出できる様になっていると考えます。

トラストを得るには、評価の高いサイトからのリンクを得る事が重要です。

トラストランクの高いサイトの大まかな基準

・多くのナチュラルリンクを有してるサイト
・ディープリンクを数多く有してるサイト
・定期的にリンクが増えているサイト

古くからある、みんなに利用されているサイトって感じですね。

リンクの質に関して

トラストはリンクの信頼性を表した物で、目に見える指数ではありません。

しかしリンクその物の質は、ある程度見極められると思います。

評価の高いリンクとは

・ページランクの高いページからのリンク
・人の手を介したリンク(ナチュラルリンクなど付言的な流れからのリンクやQ&Aサイト等からのリンク)
・ヤフカテやクロスレコメンド等のディレクトリ登録からのリンク
・多くの人々がブックマークしているページからのリンク

上記はもちろん関連性を伴った物です。

評価の低いリンクとは

・人工的なリンク(あきらかにSEO目的のキーワードリンクを大量になど)
・テーマを無視した相互リンク
・行き過ぎた自作リンク(管理者が同じと判断される物など)

現状のナチュラルリンク保有数が少なく、ドメイン自体が低評価な時に

上記の様な低品質リンクを大量に受けるとペナルティが発動すると考えます。

ただし、時間を分散させればペナルティは受けないと思いますが、サイトの評価は思ったほど上がりません。

トラストとオーソリティの違い

トラストは上記でご説明した様に、リンクの信頼性を表した物です。

評価が高まればドメインが信頼される事になります。

オーソリティは、一方的なリンクの数が多ければ高める事ができ、コンテンツページ単体に寄与される物です。

ただ今のGoogleの反応を見ていると、コンテンツページにリンクが集まると

ドメイン自体のオーソリティーも高まると思います。(これがトラストなのかもしれません)

以上、「TrustRank(トラストランク)ってなに?に答える」でした。

これは違うぞって所は是非ご指摘ください。修正して完璧にしたいです。


SEOと瀬尾の関係

JUGEMテーマ:SEO


Googleの検索結果で面白い物を発見したので記事にしました。

自分のサイトがあるので、よく検索するキーワードに「SEO」があります。

このキーワードでページをめくっていったら8ページ目になにやら発見。




ん!?瀬尾さん。。。

気になったのでsiteコマンド




特にSEOに関連するコンテンツはない。

じゃあバックリンクは!?




それなりに数はあるけど、上位5件はURLリンク

そのほとんどはデザイン関連のページから。

ふむ〜

リンク元ページがオーソリティの高いページが多いってのと、

URLリンクの前に「SEO」(瀬尾って意味で)ってテキストがあるのがポイントかな


内部のキーワード的にはTOPページのタイトルとドメインに含まれているのみ

あとはオールフラッシュなサイト。

これで「SEO」で8ページ目に君臨する瀬尾さん。

偶然が重なってこの結果になっていると思うのですが

改めてオーソリティの偉大さとリンク周辺のテキストの大切さを実感しました。

勉強になりました!


<< | 2/2PAGES |

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM