アンカーテキスト分散に関するアンケート結果

JUGEMテーマ:SEO


アンカーテキスト分散に関するアンケート結果

今回はアンカーテキスト分散に関するアンケートですが、アンケートと言うよりも
貼られる外部リンクへの皆様の考えや経験等のご意見を頂きたいと思いました。
思った以上にご意見を頂きまして、ありがとうございます!

アンケート結果

アンカーテキスト分散に関するアンケート結果

頂いたご意見

僕が気になった、あるいは興味を引いた部分は色付けしてあります。

---------------------------------------
自然なサイトの作りなら、キーワードに集中させていて問題ないと思います。
機械的・不自然なリンクをアンカーテキスト分散によって誤魔化すような作りのサイトを管理したことがないので、
そういった場合の分散有効性は測りかねます。。。感覚でしかないですが「上位表示には意味がなく、機械的リンクと判定されてリンクの評価が下がることを避ける役には立ちそう」な気がしています。
---------------------------------------
分散度合いは希薄さに繋がる気がしますので、適量そこそこがいいのではないでしょうか?
一般人考えで言えば、同一のものを語る言葉が、それほど多くなるとは思えません。
---------------------------------------
キーワードリンクというよりタイトルリンクだけ。
アフィリエイターなら上がるも八卦、上がらぬも八卦。ダメな時は次いきます。
---------------------------------------
ナチュラルリンクを考慮したうえで分散して然りなら分散させてますね。
---------------------------------------
外注した分はキーワードを固定せざるを得ない。
社内で補足で付ける分には分散したり、アンカーを別なものにして
前後に対象となるキーワードを入れた文を付けたりしています。
社内の対策だけで上がっているサイトやキーワードを見ると
アンカーテキストは効果があると思います。
---------------------------------------
アンカーテキストについては、例えばずっと前についているものと、最近ついているものとでは、そもそもの意味が違うと思っています。
10年以上前の時代はリンク販売というものがそもそもなく、本来の意味での「推薦」であり、また、相互リンクも選ばれた相互リンクの時代でした。
その当時のリンクやアンカーテキストは少なくともGoogleは評価していると思っていますし、実際に結果も出ています。
ただ、最近のSEOのためのリンクについては、Googleでも人為的なものと検知しやすいため、評価は自ずと変わっていると思っています。
つまり、いつ、どのように、どのサイトがつけたか?というのが、影響していると思います。
そのため、現在SEOを意識してリンクをつけるにしても、状況に応じて最適なリンク(アンカーテキスト)をつけるのが、最も自然だと思っています。
意図的に同じキーワードで(しかもサイトの会社名と違うキーワードなど)つけるのは、無理があると思っています。
---------------------------------------
同一アンカーテキストはリスクが伴いますが、サイトのコンテンツの内容が明確(キーワードに対して)であれば、同一アンカーテキストでも、ペナルティを受けたことがありません。1年以上、順位は変わっていない実績のもとによる書き込みです。ご参考にどうぞ!
るーびーなう!(笑)
---------------------------------------
最近分散しないと上がらなくなっていませんか?
過去に貼ったリンクのアンカーテキストについては、
以前のまま評価されている気がします。
今後Googleに認識させるリンクのアンカーテキストが
重要なのでは?と個人的には感じています。
---------------------------------------
対策するページのコンテンツと、上げたいキーワード、既存のリンク状況によります。
分散は必須。でもキーワードもちょっと貼る。
---------------------------------------
キーワードリンクはほとんど貼らなくなってなっていますが、どこにどのように貼るかによってアンカーテキストの内容を変えています。
余談ですが、タイトルタグやURLをアンカーテキストにしても、一度に貼る量と元々あるリンク数の度合いによっては順位が下がる事を経験しています。
続きは僕のブログでw
---------------------------------------
今回は、外部リンクをメインに考え、回答させて頂きます。
クライアントが上位表示させたいと希望してくるキーワードは、検索ボリューム、難易度共に高いものが多いです。その際に、アンカーテキストを一本化し、分散しないとなると、そのキーワードで上位表示させるまでは、あまり多くのアクセスを稼げません。しかし、ターゲットキーワードの関連語や、ターゲットキーワードを含んだキーフレーズをアンカーテキストに使用し、対策する事により、ターゲットキーワードが上位表示されるまでも関連語でアクセスを得る事ができ、クライアントの対策をする際は、必ずアンカーテキストを分散するようにしています。
---------------------------------------
アンカーテキスト分散は、順位を上げるためにGoogleの各種順位抑制フィルターを逃れるための方便かと思います。上げるために仕方なしにやってるって感じですかね。
---------------------------------------
同じアンカーテキストだけだと極めて不自然。
---------------------------------------
リンクの前にコンテンツを充実させることを最優先にしているので、今はあまり気にしていません。今後もあまり重要視はしていかないと思います。
---------------------------------------
こんばんわ。
アンカーテキスト分散っていう意味ではあんまりこだわってないです。 
分散という言葉が必要だと判断するのはすでに●●社とかがひたすらキーワードリンクつけまくってて
完全無視されてる場合とか、キーワードリンク中心で攻めてたときに完全に頭打ちになったりしたときですね。
某S木氏もちょっと前に珍しくこういうネタに触れてましたが、安全かつ威力がそこまで弱くないのは
「サイト名+ターゲットワード」ですね。これ経験上は絶対マイナスは食らいません。
それでもリスク分散させるならそれをもう少し細かく分けてリンクするなど。
無意味な分散には意味はないと思ってます。
いまどきのSEO対策.com
SEO対策 e-search
天照SEOブログ
↑こういうのはいくら貼られても問題ない上にキーワードスコアもそれなりに上げてくれます。
紹介してもらってましたが僕の「天照」はいい例ですね。
ということでアンカーテキスト分散が評価を上げるということは考えてないです。
どちらかというと不自然なものに偏りすぎて無視されるリスクを分散させるっていう意味合いかと。
そしてそのリスク分散自体にはキーワードスコア上げる力は少ないと思います。
全ての有効なアンカーテキストは分散ではなく必然
長文すみません。
---------------------------------------
基本はサイト名リンク。
そして、安定してきたなというところでキーワードリンクというように進めています。
---------------------------------------

頂いたご意見は以上です。

まとめ

みなさんそれぞれのご経験から、実に有意義なご意見を頂く事が出来ました。
ほとんどの方々が実力実績共に極上のSEO業者さん達だと思います。
文章を見て本人と分かる方はあえてそのままにしてありますw

全体を通していえる事は、「アンカーテキスト分散はリスク分散である」という事ですかね。
また、ターゲットキーワードを含んだキーフレーズをアンカーテキストに使用して
ターゲットキーが上がるまで関連語でアクセスを集めるというご意見もありました。

自然なリンクと不自然なリンクの例を僕のサイトを例として挙げてみました。
自然なリンクと不自然なリンク例

一般的にはキーワードリンクは不自然なリンクとなります。
ただ、その不自然なリンクが自然なリンクになり得る事もあると思います。
Googleにそう思い込ませるとでもいいましょうか。。

コメントの中にもありましたが、Googleが1本の外部リンクを評価する際に見ているであろう内容として
いつ、どのページのどの部分から、どんな形でリンクを受けたか?
この辺も結構重要ではないかと思います。

結論として無意味に分散する必要もなく、「貼られるべくして貼られるリンク」が良いという事になります。
勿論コンテンツが充実している前提で(または充実されていく前提で)
・ドメインは若いのか?古いのか?
・元々貼ってあるリンクはどうなのか?
・一気に複数貼るのか?
・コンテンツの内容はどんなページなのか?
・サイト全体はどんなテーマなのか?
この辺を考えれば、貼られるリンクは自ずとある程度決まってくるかと思います。

業者さんよりの意見になって貼る事ばかりで考えたまとめですいません。( ̄▽ ̄;)


エイジングフィルタに関するアンケート結果

JUGEMテーマ:SEO


エイジングフィルタに関するアンケート結果

Googleのアルゴリズムにあるとされている「エイジングフィルタ」

新規で取得したばかりのドメインがSEOを施しても一定期間は関連したキーワードで上位表示されない現象です。

アンケート結果

エイジングフィルタのアンケート結果

アンケートで頂いたコメント

・ドメイン年齢による恩恵はあると思うが、マイナスには作用しないと思います。

・昔はあったけど、今はもうないかな。100サイトくらい新規で立ち上げたけど、特に影響なかったし。

・エイジングフィルタはあると思いますが、外部要因によって、大きくランキングが左右されるので、
分かりにくい場合も多いかと思います。

・僕はエイジングフィルタという概念の解釈が、「一定期間は上位に掲載されない現象」というのであれば「ない」と思います。

・googleハネムーンとエイジングフィルタが矛盾しているので。

・大きな要素ではないが、ひとつの指標にはなっていると思う。古いからいい、ということではないのかなって思います。

・上がらない理由がエイジングフィルタだけじゃないと思うので、判らないですねぇ・・・。「ないと思う」に近い分らないです。

・Googleに切り替わってからはほとんど感じない気がします。新規サイトだとちょっと上がり易いなぁ、っていう気がしてますが。

エイジングフィルタのまとめ

そもそもエイジングフィルタとは何が目的で導入されているのでしょうか?(あると仮定して)

恐らく、SEOスパムを抑制する為にあると思います。

SEOスパムが目的で新規のドメインを次々に取得し、不正なリンク操作を行なう行為に対抗する為ですかね。

もちろんそれだけで対応出来る訳ではないと思いますが、一つの対抗策だと思います。

上記の理由によってエイジングフィルタは僕は存在していると思っています。

しかしながら、ちょっと前に新規で取得したドメインは僕の希望するキーワードで1ページ目に入っています。

上記はTOPページではなくコンテンツページです。

新規のサイトが上がりやすいというご意見があります様に僕もそれを体感しています。

結局そのコンテンツの中身がどうなのか?って部分が大きいのかもしれません。

新規のドメインはバックリンクも少ない状態で、スパム的な要素がほとんど無い状態だと思います。

だから上がりやすいのではないかと。(ハネムーンはこれが効いてるのかも?)

逆にそのまま調子に乗って自作リンク等を貼り続けると落ちていくと思います。

結論をいいますと

エイジングフィルタはスパムを排除する為のアルゴリズムで

コンテンツがしっかりあって、真っ当なリンクを受けていれば適用されないと思います。

人気のあるビックワードはもちろん新規ドメインで上位表示なんて無理なんですが

そこそこのワードなら新規ドメインでも安定して上位表示させる事は可能です。

怪しいリンクを付けていけばフィルタに引っ掛かる。

これは新規ドメインじゃなくてもそうですよね。

以上です。

アンケートにご協力下さった皆様ありがとうございました。

最後に

東北地方太平洋沖地震の震災にて亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして今まさに被災地で戦っていらっしゃる方々へ

頑張って下さい!!

僕も僅かながら募金させて頂きました。
インターネット募金「緊急災害募金」 - Yahoo!ボランティア
東北地方太平洋沖地震 義援金のお願い -【グルーポン-GROUPON】

そして元気に働ける我々は一生懸命働いて、日本を元気にしましょう!


Googleにスパムサイトや有料リンクを報告した事ありますか?

JUGEMテーマ:SEO


Googleにスパムサイトや有料リンクを報告した事ありますか?

第5回目のアンケートはスパムサイトや有料リンクを通報した事がありますか?です。

アンケート結果

第5回目のアンケート結果

■報告した事がある
・有料リンクサイトは、大きく落ちてくれました
・狙っていたキーワードで1位のサイトの被リンクが9割ワードサラダで構成されていたので手が勝手に・・・
・ひどい有料リンク購入を見かねて報告しました。序所に順位は下がっています。

■報告してないが、しようと思った事はある
・報告したい案件が多すぎて面倒になってしまったので。

■報告した事はない
・見つけても報告しようとは思わなかったですね。て言うか、あまり気にしてなかったかも。
・Web担が、通報しだすとキリがないから。 Googleの戦略にのっかりたくない、
 だいたい何様なんでしょうね『報告』って! 報告しあう事は思う壺
・メンドクサイし、自分のことを棚に上げられないので・・・orz
・あんまり他は気にならないから。
・潰し合いはしたくないかなーって思います。みんなで共存していきたいですね。
・報告した事はないし、今後もしないと思います〜。
・完全なるホワイトなんてありえないから。
・いたちごっこだですし、ネガティブな戦略で競合を落としても面白くも何ともありませんので。

今回も文字化けでコメントを載せれなかった方々がいました、すいません。
次回からフォームを別の物に変更します。

今回のアンケートのまとめと感想

今回のアンケートはちょっとデリケートな部分でしたが、ご協力頂いた方々には感謝しております。

「報告した事がある」と「報告しようと思った事がある」で54.3%になります。

これは何を意味しているのかといえば、現状の有料リンク等がまだ盛んに行なわれているという事ですね。

前々回の有料リンク購入に関するアンケート結果でもその傾向がありました。

「報告した事がある」のコメントの内容を見ますと、通報されたサイトが順位を下げてるケースがあります。

ちょっと前に海外SEOの鈴木さんの記事にありました。

米大手デパートサイトが有料リンク購入でGoogleペナルティ
グーグルこわい><、米大手リテーラーOverstock.comがリンク操作でペナルティ

これらの傾向から見ても、Googleはスパム的なリンク操作に俄然厳しくなってきています。
日本ではまだまだ甘い対応だと思いますが、見つからなければ良いという物ではなくなってきてると思います。

追いかけるSEOから待ち伏せるSEOへ
この記事の内容がまさにその通りなんじゃないかなと思います。

SEOの古い概念は捨てて新しい形へ、本当の意味でのContents of Kingの時代になろうとしていると感じてなりません。


Googleのページランクに関するアンケート結果

JUGEMテーマ:SEO


Googleのページランクに関するアンケート結果

第4回目となりました、SEO関連アンケート。

今回は自サイトのページランクって気になりますか?です。

Google特有のページ評価指数であるページランク、我々が目視で確認出来るツールバーのページランクは

過去の評価を表した物なのは、もう言うまでもないと思います。

実際のページランクはリアルタイムに変化していて、その数値ももっと細かく刻まれています。

ページランクについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事が参考になると思います。
ページランク理論からリンク対策を再考してみる(前編)
ページランク理論からリンク対策を再考してみる(後編)

それではアンケート結果です。
アンケート結果

■いてもたってもいられないほど気になる方のコメント
・自ページ=実験ページみたいなものなのでリンクジュース流して上がれば歓喜します(笑
 でも良いコンテンツつくりとは別と思っています。

■ある程度は気になる方のコメント
・被リンクを受けた際の一定の指標になりますので気にしております
・検索順位にはあまり関係がない気がするため
・見栄です。某看板サイトのトップページのPRが下がると社内で極一部の人が騒ぎます。
・グレー表示の場合は何か問題がある可能性が高いので。
・今の所、サイトのパワーを客観的に測るのはこれしかないから・・・。

■微妙に気になる方のコメント
・今ページランクが4なんですけど、5になかなか上がりません。
上がったところでどうってわけじゃないのですが・・・。
・前回から今回のメジャー更新みたいに長い間更新がないときは若干気になります。
・昔ほど気にならなくなりました。順位とページランクの相互関係は、現在はあまり感じられないと考えています。
赤○和○←名前を書かれていましたが出して良いのか分からず伏せましたw
・古いデータでしかないので、ほとんど気にしませんが、
仕事柄、完全に無視というわけにもいかないと思っています。

■全く無視してる方のコメント
・前は気になってましたけど、今は全く気にならないです。
・そもそもツールバーをいれておりません。
・あくまでも結果だと思ってます。TBPRは”今”のPRを知ることもできないので、、、

以上が頂いたコメントになります。
お一人コメントが文字化けしてしまう方がいまして、残念ながら載せれませんでした。

ページランクに関するアンケート結果のまとめ

いてもたってもいられないほど気になる方のコメントはSEOマニアですねw
でも実際上がると歓喜する気持ちは良く分かります。

ある程度は気になる方のコメントでは、リンクの強さの一つの目安とされている様です。
ツールバーといえども、グレー表示のページはちょっと気になりますよね。

ここで登場
@ishikawa_3win
先生のありがたいお言葉


はい、おっしゃる通りでございます。

僕のサイトでもグレー表示なるページがありまして、コンテンツ的に重要ではないページがそうなっています。
実はそのページのテキスト内容をちょっと変えたんですけど、先日確認した所グレーじゃなくなっていました。
具体的にはより、メインのテーマに沿う形にしました。
それが関係あるのか、偶然なのかはもっと検証してみないと分かりません。

微妙に気になる方のコメントは、まさしく順位に関わる要因として
関連性が低いという象徴的なコメントが多いですね。
私的にはページランクがそのページの順位に直接関わるというよりも、
トラストとかその辺の要素に絡んでくると見ています。
ただツールバーはあてにならないので、あくまで目安としてですね。

全く無視してる方のコメントも同様だと思います、ツールバーを入れてないというのも
GoogleのSEOにはそんな物なんかよりも、もっと大事な事があるだろ!という事ではないでしょうか。

最後にアンケートにご協力頂きました皆様ありがとうございました!
以上です。


有料リンク購入に関するアンケート結果

JUGEMテーマ:SEO


有料リンクの購入に関するアンケート結果

SEOに関するアンケートの第3回目は、有料リンクの購入についてアンケートを致しました。

今回のアンケートでは、以下の物は除外されています。

・ヤフカテやクロスレコメンドなど
・SEO業者さんによる外部施策
・nofollow付きのリンク等、ページランクを寄与しない物

アンケート結果はこちらです

アンケートの結果

■現在進行形で購入している方のコメント
・自然増加を待つ時間が惜しいので・・・。
・まだまだ有料リンクは効果的なので、意味ない!と言う風潮は歓迎です。


■過去に購入した事がある方のコメント
・業者ですが、順位が上がらなかったキーワードで購入したことあります。順位は変動しなかったので、買ったのは後悔しています。
・誘惑に負けたのかもwです。


■購入した事はない方のコメント
・怖くて購入出来ません。てか、そんなお金もありませんw
・有料リンクを買うほど大事なサイトなど無いッッ!
・webに対して投資を行うといった発想がなかったため、検討の段階にすら達していなかったため。
・将来的にも買いません。

結果は以上となります。

アンケート結果の感想

結果的には有料リンクを購入した事がある方が多かった訳ですが
色々な意見を聞けて参考になりました。

現在進行形の方のコメントで「リンクが自然に増えるのを待つ時間が惜しい」という切実な思いがよく分かります。

まだ有料リンクは効果的という意見もありますし、購入したが順位は変動しなかったという意見もあります。
リンク元の質や関連性、掲載場所によって同じ有料リンクでもその効果は全く違うでしょうね。

今のGoogleでは怖くて購入出来ないという意見がごもっともだと思います。

ここでは言いませんが、購入先のポイントってあると思います。(購入を勧めてる訳ではありません)

有料リンクを買うほど大事なサイトなど無いッッ!」の方、頑張って育てて下さいw

アンケートにご協力して下さった方々、誠にありがとうございました!


クロスレコメンドに関するアンケート結果

JUGEMテーマ:SEO


クロスレコメンドに関するアンケートの発表です。

SEOに有効とされているクロスレコメンド。

その利用価値や登録するか悩まれている方の参考になればと思います。


それでは投票の結果です。

クロスレコメンドのアンケート結果


投票のコメントです。

■登録した事があり、効果を感じた

コメントはありません

■登録した事があるが思うような効果はなかった

・ランキング的には変化なかったけど、まあドメインの質は高いので自サイトのオーソリティ高めるには良いかなと。
目に見えない部分で効果は出てると思います。

・YSTの時代なんですけどね・・・。

・競合他社もほぼ登録しておりますので、効果の有無が分かりませんでした。

■登録した事はないが、効果次第で登録したい

・まずは、ヤフーが先なのかな?って思ったり、思わなかったり。

・効果次第というか、予算が余っているならやってもいいかなぐらいの気持ちです。

■クロスレコメンドに興味はない

・コメントはありません

■クロスレコメンドってなに?

・コメントはありません


以上のコメントを頂きました。


クロスレコメンドのアンケートまとめ

やはり効果次第で登録したいという方が一番多い結果になりました。

気になる存在である事は間違いないようですね。


「登録した事があるが思うような効果はなかった」の結果が多いのも気になる所です。

ただ、コメントにもある様にドメインの質は良いと思いますので

オーソリティを付けるという意味では、登録して損はないのかなと僕も思います。


ツイッターで頂いたコメントの中で@ishikawa_3winさんのコメント

「ディレクトリサービスの中では一番良いかな。末端カテゴリのインデックス率が高い。」

確かにこれは重要ですよね。

インデックスされていないページに掲載されても意味はないですからね。


私的な結論としては、予算があれば登録した方がいいかなと思いました。

個人的にはヤフカテ登録するぐらいならクロスレコメンドをオススメします。

参考までにクロスレコメンド内のアンケート結果→クロスレコメンドを利用したお客様のご意見

このページには良い事しか書いてありませんのであしからずw

最後にアンケートにご協力して下さった皆様、ありがとうございます!


SEO情報商材に関するアンケートの結果

JUGEMテーマ:SEO


SEO情報商材に関するアンケートを取りましたので結果を発表致します。

その前にアンケートにご協力して下さった皆様ありがとうございます!感謝です!


★アンケートの結果★

購入した事があり、役にたった 7票
↓コメント
(順位があがりました。)
(seoセミナーのdvdを購入、最新の対策が判りました。)
(賢威はテンプレート共に役に立っています。それ以外はあまり…。)

購入した事があるが役にたたなかった 5票
↓コメント
(一言でいうと誇大広告だったという感じです。)

購入した事は無いが興味がある 8票
↓コメント
(お金を払ってまで見ようとは思わないが興味はある)
(情報商材は気になりますが、胡散臭いので買う気はありません。)
(多分、がっかりしそうなんですけど、気になります(笑))

購入した事もないし興味もない 4票
(コメントなし)


この様な結果となりました。

僕が思っていたのは「役にたたなかった」がもっと多いのかな?と思っていたんですが

以外と「役にたった」という方がいてビックリしております。

それとやっぱり「興味がある」方は多いのかなと


SEOの情報商材の僕のイメージはやっぱり「胡散臭い」という先入観があります。

しかし実際には有用な情報などを販売していらっしゃる方もいるという事ですね。

購入した事はありませんが、特に「賢威」は高く評価されていると思います。(←アフィリリンクじゃないですよw)

購入しても役にたたない物に当たってしまった時に残念な気持ちになるのは嫌ですよね。


SEOのノウハウは今はお金を掛けなくても集める事は可能です。

晴練雨読さんでこれだけ有用な情報ブログが毎日更新されているのですから、SEOの基本はそこで十分学べると思います。

僕のサイトでもなるべく役立つ情報を公開できる様に、古い情報や間違っていた情報は更新する様に心がけています。

様々なSEOの情報を鵜呑みにするのは危険ですが、基本部分の事はどこを見てもほとんど同じ事が書いてあると思います。

基本をマスターして、後は自分流にするのも良いと思いますし、専門の業者さんに委託するのもいいと思います。

以上となります。

第二回目のアンケートは「クロスレコメンドに関するアンケート」です。(ただいま受付中!)

また宜しければご参加して頂けると幸いです。


<< | 2/2PAGES |

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM