時間は掛かるけど最強のコンテンツSEO

今後のGoogle SEOの主流になるであろうSEOの形が「コンテンツSEO」です。←勝手に命名。

現状でもそうなんですけど、今後益々コンテンツ重視の時代が来るのではないかと思っています。

アフィリエイトサイトにありがちな、コンテンツは作ったでも中身が薄い、他に沢山ある。

広告主から与えられた紹介文章をそのまま載せて、アフィリリンクを仕込むだけ。

こういった類のコンテンツはGoogleから全く見向きされなくなるだろうと思います。

小手先SEOは通用しなくなる

悪しき風習?からかSEO=小手先テクニックという図式が今でも拭いきてれいないと思います。

そういった小手先テクニックが通用してしまう、過去のGoogleの過ちとも言えるかもしれませんね。

そこそこ普通にコンテンツがあって、あとはリンクをせっせと貼っていく事でそれなりに順位が付く。

でも、それなりで止まってしまいませんか?

手前味噌で恐縮ですが、今年の初めに本業に関するサイトを作成しまして、

そのサイトは「○○が出来ない」とかそういった悩みを解決するサイトでして、本業ならではの経験から

ユーザーの視点になってコアなコンテンツを作りました。ですから流入キーワードは実に多岐に渡ります。

今朝ツイッターでもツイートしましたが、

あるキーワードで古巣のサイトを抜いて1位になりました。サイト作成して約半年です。

キーワード自体はビッグな物ではありませんが、そこそこのアクセスを稼ぐキーワードになっています。

被リンクを沢山付けたのかと言われればNOです。

被リンクは正直にいいますと、サテライトブログを1つ作成してメインサイトと相互リンクしただけです。

サテライトもメイン同様に濃い内容となっていまして、

メイン=ちょっと堅目の内容

サテライト=現場ならではの内容をちょっとコミカルにした内容

この2サイトをひたすら更新し続けた結果が先程の1位に繋がりました。

途中で自然にリンクが少々付いたのも大きかったと思います。

上記はあくまでも一例なんですけど、こういった施策をする事によって結果が出せるという事を実証する事が出来ました。


SEOを依頼するなら業者とマンツーマンで行なう。

コアなコンテンツや他には無い独自性の高いコンテンツは、本業やよっぽど研究した趣味でなければ出来ないと思います。

そのトピックに関してなんの知識もないアフィリエイターには、出来ないコンテンツでしょう。

SEOをまるっきり業者任せにしているのではなく、自ら率先してこういったコンテンツを本業のあなたが作成したり提案していくべきだと思います。

確かに初心者には難しいと思いますが、それを導くのがSEOのプロだと思います。

また、そういったユーザーに役立つコンテンツを業者が表に出してあげるべきだと考えます。

ちょっと偉そうな事をいってしまって申し訳ないですけど、以上です。

2014/8/9追記

今ではコンテンツSEOを主体としたSEO業者さんも増えてきています。

これはGoogleのリンクに対するペナルティがこの記事を書いた時点よりも、さらに厳しくなってきたという事でもあります。

個人のブログやサイトをコンテンツSEOで成功させる(アクセス数やコンバージョン獲得とする)場合、それなりの時間と労力を覚悟しておかないといけません。

時間と労力を掛けても必ず成功するとも限りません。

そこで、少しでも成功するためのヒントを書きます。

扱うテーマにもよるので、すべてのサイトやブログに適応できるとは限らない事を前もってご了承下さい。

1・まず大前提で、扱うテーマに自分が精通している事、そして好きである事が大切。
2・検索エンジンがサイトを評価しやすいように考慮する(構造・内部リンク等)スターターガイド参照
3・検索ユーザーがどのようなコンテンツを欲しているか?を調査してコンテンツに反映していく
4・ソーシャルメディアで共有しやすいように考慮する
5・一度書いた記事はそれで終わりではなく、追記・修正を行なって常にユーザーに役立つようにする。

細かくいうとまだまだありますが、これくらいが大まかに必要な部分かと思います。

方向性が間違ってなければ、諦めずに継続する事が大切です。



理想的なリンク施策とは?

理想的なリンク施策とは?

サイトを作成し上位表示を目指すにあたりまして。
被リンクを色々と試行錯誤しながら、時には自作したり、時には購入したりする事もあるかと思います。
なるべく変なフィルタなどに捕まらないで、すんなりと希望のキーワードで上位に上がりたいですよね。

★TOPでビックワード
★2階層目でミドルワード
★3階層目でスモールワード

こんな感じで上げると仮定した場合に、最初にどこにリンクを貼っていくか?
僕がSEO始めた頃の施策としましては、とにかくTOPページにキーワードリンクを貼ってビックワードを上げる事によって
2階層目のミドルワードや3階層目のスモールワードを上げるという方法をしていました。
(実際には勝手に上がったという方が正しいかもしれません)

e-searchはこの方法でやりました。
適当に書いた感が否めないリンク施策図その1

この方法でも一応成功はしていますけど、e-searchの場合は「SEO対策」のキーワードで順位が落ちた事を考えますと

現状のGoogleのアルゴリズムでは、TOPページに二つのビックワードを背負わせるには、少々無理があると感じています。
(それに見合ったオーソリティ的な要素がもっと付けばウィキペディア見たいにいけるとは思います)

現状はTOPに貼るリンクはタイトルタグかURLにする様にしています。
(チキンなんで)

変なフィルタ等に掛かり難いであろうリンク施策図(妄想)
適当に書いた感が否めないリンク施策図その2

・3階層あるサイトと仮定して(階層はディレクトリ切りではなくて、TOPからのクリック到達数です)
・最初はとにかく、2階層目に外部リンクをあてがいます。
・2階層目はミドルワードで上がってほしい部分です。
・2階層目から3階層目にはテキストリンクで各ページへの内部リンクを貼る事でスモールワードで上がる様になります。
・2階層目からTOPページにも、タイトルタグの内部リンクを貼っておきます。
・TOPのテーマがしっかりしていれば、HOMEとかでもいいかもしれません。
・2階層目に集まった外部リンクのパワーがTOPページに流れて、狙ったビックワードで序所に上がっていくと思います。
・頃合を見てTOPページにも外部リンクをあてます。
ここでキーワードリンクにするべきか、それともタイトルやURL、あるいはもっと違った形の物にするか?
悩み所ではありますけど、あとはセンスの問題といっておきますw

最初にミドル〜スモールのワードで上がっていく事で、そこそこのアクセス数を確保しつつビックワードを狙っていくには良い方法だと思います。

これは全部、自作リンクか購入したリンクでの施策を仮定しています。
ナチュラルリンクを得れる様なコンテンツを持っておくべきなのは言うまでもありません。


キーワードリンクの比率を調べてみた

JUGEMテーマ:SEO


キーワードリンクの比率を調べてみた

たまには、こういう記事もいいかなという事で、某ビックキーワードのTOP10サイトにおける

キーワードリンクの比率を調べてみました。

使ったツールはOpen Site Explorerです。

1位はWikipediaなので除外

※100%信憑性があるとは限りません。

キーワードリンクの比率

こうして改めて見ると、キーワードリンクが0%のサイトが2つもありましたね。

もちろんキーワードを含めたリンクは受けているのですけど、キーワードオンリーのアンカーテキストがなくても

上位表示は可能という一つの目安になります。

キーワードオンリーのアンカーテキストは、ほぼ100%自然発生リンクではないと言えます。

意図的に貼ったか、貼る様に仕向けてあるか、購入したかの何れかです。

0%のサイトはほぼ自然発生リンク、あるいは相互リンクでサイト名を含めたリンクを受けてるパターンです。

コンテンツ抜きに考えるのはナンセンスなのですけど、こうして見ると

ナチュラルリンクVS意図的リンクの構図が見えますねw

全体的にどのサイトもドメイン力高めと考えて頂いて、一つの参考にして頂ければ幸いです。


Googleの特別構文で見える事

Googleの特別構文で見える事

以前違うブログで書いた記事ですけど、再掲します。

Googleの特別構文

「intitle」「intext」「inanchor」

この構文を使用してそれぞれ検索してみます。

「inanchor:SEO」などです。

2〜3ページ目ぐらいから結構通常の結果と変ってきてます。

ちなみに複数語で見る場合はそれぞれに all を付けます。

Google SEOで見る場合は 「allintitle:Google SEO」です。

一般的なサイトの場合には、この3つの構文それぞれで同じ様な順位に来るがバランス的に望ましいと思います。

キャシュを見ると分かりますが、intextの場合はページ内のキーワードがハイライトされて

intitleとinanchorの場合は「このページへのリンクにだけ含まれているキーワード」となります。

特別構文で検索すると上位だけど通常検索で順位が大幅に下な場合は、

なんらかのフィルターに掛かっているかペナルティ受けてる可能性があるかもしれませんね。

一つの目安として参考にしてみるといいと思います。


最近多い過剰SEOの事例

JUGEMテーマ:SEO


最近多い過剰SEOの事例

最近ちょくちょく見かける、過剰SEOの事例をピックアップします。

・メニューのアンカーテキストにキーワード詰めすぎ

・フッターのリンクにキーワード詰めすぎ

・ALTタグにキーワード詰めすぎ

上記の過剰SEOをよく見かけます。

一度上位に上がったけど、最近下がって上がらない理由はリンクが足りないとかそういった事よりも

サイト内部に原因がある場合が結構あります。

内部が過剰なのに、外部リンクでさらに過剰にすると悪循環です。

TOPページが下がった原因はTOPページだけが原因ではないですし、サイト全体のコンテンツで

過剰な部分がないかを見直してみましょう。

検索エンジンロボットシミュレーターを使うと、ロボット視点でページを見れますので

声に出して読み上げていって、不自然な部分は改善した方がいいと思います。


Googleに評価されるオーソリティサイトになりたい

JUGEMテーマ:SEO


Googleに評価されるオーソリティサイトになりたい

以前、SEMリサーチの渡辺さんの記事でGoogleが評価したいオーソリティサイト(Authority site)とはとい物がありました。

この内容って今のGoogle SEOを行なう上でとても重要なヒントになる記事だなぁと考えております。

すべてのサイトがオーソリティサイトになれる訳ではないのですが、

近づける事によって自然なランキングアップに繋がるのは間違いないと思います。

個人的にはオーソリティにもいくつか段階があるんじゃないかと勝手に思っていますがそれはどうでもいいですw

上記記事の中で、もっとも注目した部分はここです。

検索エンジンの視点から見た「オーソリティ」- 権威あるサイトとは、(a) 情報が充実し、(b) 整理され、(c) 一定の頻度で情報が追加・更新されており、(d) 有益な情報源への参照リンクを適宜紹介していて、(e) オリジナリティの高い分析や調査結果などを掲載し、(f) 長年にわたり運営され、(g) 様々な形式の自然リンクによる支持を受けている、といったサイトと考えるといいでしょう。上の図は、主要なものをピックアップしていますが、もっと多岐にわたるはずですし、また"アルゴリズム的に" これらの要素を評価するために、非常に複雑な計算が行われているはずです。つまりオーソリティ・サイトになるための明確な指標はないのですが、概念的にはいま説明したような要素を兼ね備えたもので、大方、間違いはないと思います。


a〜gまでの項目をちょっと自分流の解釈で書きます。

a・情報が充実し
なにかのテーマに添ってコンテンツを深く掘り下げた内容

b・整理され
テーマの細分化においてコンテンツ毎に関連付けられている。
必要があればディレクトリ分け等行なう。

c・一定の頻度で情報が追加・更新されており
無理に意味のない更新をする必要はないが、更新する必要が発生した場合に更新する。

d・有益な情報源への参照リンクを適宜紹介していて
同じテーマや似通ってるコンテンツで有益な外部コンテンツへリンクを発する
リンクする意味や必要がある場合。

e・オリジナリティの高い分析や調査結果などを掲載し
aと連動して他にはない様なコンテンツを有している

f・長年にわたり運営され
同じ管理者で同じテーマを長年運営されていないと意味が無い。

g・様々な形式の自然リンクによる支持を受けている
これは言うまでもなくGoogleが好むリンクです。

上記の様な解釈ですが、改めて考えるとGoogleが好むサイトが見えてくるかと思います。

すべてをクリアしなければダメなのかというと、そうではないと思います。

Googleが求めている物はユーザーが求めている物という解釈でコンテンツを充実させて

根気良く運営していく事が重要な気がします。

そしてそういうサイトはパンダが来ようが、なにが来ようが

微動だにしない強いサイトになれると信じたいですね。


Googleのペナルティに関するアンケートやってます

JUGEMテーマ:SEO


Googleのペナルティに関するアンケートやってます

今回のアンケートは@yukimeru0305さんがリクエストしてくれました。ありがとうございます!

SEO対策がGoogle対策となった今、Googleのペナルティに興味を持っていらっしゃる方も多いかと思います。

ペナルティにはアルゴリズムによる自動ペナルティと人の手を介した手動ペナルティがあります。

順位の落ち具合でペナルティの種類も分類されています。

-5ペナルティ(ペナルティなのか?)
-10ペナルティ(ペナルティなのか?)
-30ペナルティ
-50ペナルティ
-100ペナルティ
-950ペナルティ
インデックス削除

この辺のペナルティが良く聞く物ですけど、恐らく他にもあるかと思います。

ペナルティはサイトの状態によって千差万別あると思いますので

今回のアンケートではどんなペナルティでも構いませんので、ご経験をいろいろと書いて頂けると幸いです。

受付期間 4月21日までとなっています。

アンケートはこちらからどうぞ。

結果はまたブログで公開いたします。

よろしくお願い致します。


ドメイン力を上げる方法

JUGEMテーマ:SEO


ドメイン力を上げる方法

今回はドメイン力をテーマに書いてみようかと思います。
主観まじりですのでご了承下さい。

ドメイン力ってなんでしょうか?

一般的にはあまり使われていないようで、一部のSEO関係者の間で使われている言葉だと思います。
ドメイン力とは、そのドメインが持っているポテンシャルとでもいいましょうか。
オーソリティとかトラストとかその辺と似てますね。
個人的にはオーソリティ度合いとトラストランクを総合的に見た感じかなと解釈しています。

ドメイン力を上げるには

ドメイン力を上げるには、いくつかの方法があると思います。

1・ドメインエイジを上げる(ドメインの年齢を上げる)
2・テーマをしっかり持ったコンテンツを展開し更新する
3・ディープリンクを受ける(ナチュラルリンクを受ける)

順番に見ていきます。

1のドメインエイジに関しては、時間を掛ける以外にありません。
オールドドメインという選択もありますが、あまり推奨しません。

2のテーマをしっかり持ったコンテンツを展開し更新するは、一つのテーマを持って
深く掘り下げたコンテンツをサイト全体で持つ事によりGoogleに高く評価される様になります。
こういうサイトは、ユーザー対しても有益なサイトとして重宝される事になります。
更新の必要がある場合は(情報が古くなったり変更したり新たに何か追加するなど)
更新する事でそのテーマに関する新しい情報を持ったページとなります。

3のディープリンクを受けるは、サイトの各コンテンツページが外部からのリンクを受けるという事です。
通常の自然発生リンクの概念でいうと、TOPページにリンクを貼られるよりも
何かの具体的な情報を持ったコンテンツページにリンクを貼られる事の方が多いかと思います。
こういったリンクは非常に高く評価される為、結果としてドメイン力を上げる事に繋がります。
ディープリンクじゃなきゃダメって事はないですので、TOPにリンク受けてもドメイン力は上がります。

ドメイン力があると何がいいのか?

ドメイン力があると、リンクに対する耐性を持つ様になります。
つまり一度に大量のリンクを受けても、耐えうる力があるって事です。
第三者の意図的なスパムリンクが効かない状態ですね
これってオーソリティと被るんですけど、うん同じだと思っていいと思います。
それと、新規で作成したコンテンツページも比較的早く評価される様になります。
サブドメインもそうなか。
Google botのクローラー巡回も早くて多くなりますね。
一度にがばーって見ていってくれます。その結果変更の反映も早くなります。

という事でドメイン力を上げる方法でした。


Googleのキャッシュページから得られる物

JUGEMテーマ:SEO


Googleのキャッシュページから得られる物

Googleの検索結果に表示される「キャッシュ」へのリンクがあります。

キャッシュはGoogleロボットがウェブページを巡回した際に、その内容を保存して

該当ページが削除されてしまったり、なんらかの理由によりサーバーダウン等した場合でも

キャッシュを見れば内容を見る事が出来る様になっています。

Googleのキャッシュページでは様々な情報を得る事が出来ます。


キャッシュページで見るサイトの評価

なにかしらの検索キーワードを入力すると、検索結果に出てくるサイトのキャッシュには以下の3通りの物があります。

ページ内キーワードをピックアップ
1・ページ内に含まれるキーワードをハイライトしてくれる

アンカー要因での評価
2・これはページ内に該当キーワードがない、もしくは少ない場合に出てきます。

キーワードとアンカーをピックアップ
3・これは複合キーワード等で単語単位でキーワードとページに向けられた外部リンクを分けたパターンです。

Googleのアルゴリズムで評価要因の一つである
外部リンクに含まれるキーワードをこうした形で垣間見る事が出来ます。

検索クエリに対するそのページの評価要因として、
ページ内にキーワードが出現しており、尚且つ外部リンクに含まれるキーワードがマッチしている場合は
1の表示の仕方をします。

2の表示の仕方はページ内にキーワードは出現していない、もしくは少数しか出現してないが、
外部リンクにはそのキーワードが多数含まれている物、例でいえば「こちら」や「18禁」等の検索結果

3は例えば「TOPページ」というキーワードだった場合ページ内に出現するキーワードとして
「TOP」はある程度出てくる。「ページ」は1つしか出てこないが、外部リンクのアンカーテキストには
「○○のTOPページ」となっている場合にこうなります。


おまけ

テキストのみのバージョン
テキストのみのキャッシュ
テキストのみのバージョンを見る事で、目的の情報を分かりやすい状態にする事が出来ます。
ちなみにこれを見ると隠しリンクや隠しテキストもばっりち見えますw

Googleのクローラーが頻繁に来るサイトやブログは、キャッシュの日付も比較的早く新しい日付に変ります。

あとは、ロングテールのワードなどはキャッシュを見ると
Googleがキーワードをどこで区切っているのかよくわかります。
キーワードの区切り


Q&Aサイトの質問を参考にコンテンツを作る方法

JUGEMテーマ:SEO


Q&Aサイトの質問を参考にコンテンツを作る方法

前回の記事があまりにもネタだったので、今回はマジメに書きます。

でも結構歌詞は悩んで2時間ぐらいかかったんですけどね。

さて、タイトルの通りQ&Aサイトの質問から、その回答となるコンテンツを作成するってやつです。

Googleが好む内容のあるコンテンツを作るのに役立つかと思います。

ご存知の方も多いでしょうけど、まだご存知でない方の為に書きます。

主なQ&Aサイトはこちら

質問するならOKWave
Yahoo!知恵袋
livedoor ナレッジ
人力検索はてな
教えて!goo

そして、便利なサイトはこちら

livedoorナレッジ、教えて!goo、Yahoo!知恵袋、人力検索はてなの質問を、いっぺんに出力します。
Q&Aサイト横断検索
↑勝手に紹介してごめんなさい。

これらを使って自サイトに関連のあるキーワードでの質問を見つけて下さい。

回答出来る物をチョイスして、コンテンツの中に取り入れたり

新しくページを作ったりする際の参考にします。

このメリットは2つあります。

1・実際に質問がある内容への回答をもったコンテンツは流入キーワードの増加に貢献します。

2・回答が良ければ様々なところで取り上げられる可能性があるのでナチュラルリンクの増加。

Q&Aの回答に採用される様なコンテンツであればベストだと思います。

この方法は僕も実際やってますし、結構効率のいい方法なんじゃないかなと思っています。

SEO初心者の方でも自分の知識と経験を活かしてコンテンツとリンク構築できます。
(サイトがその内容である事が前提ですが)

参考までにどうぞ。


<< | 2/4PAGES | >>

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM