リンクされていないURLがウェブマスターツールに出てくる

リンクされていないURLがウェブマスターツールに出てくる

Googleのウェブマスターツールで、クロールエラー項の「見つかりませんでした」があると思います。

ここでリンク元のあるエラーページをTOPに301リダイレクトしようと思いまして調べていたのですが

不思議なリンク元を発見しました。

URLの記載はあるのですが、アンカーリンクにはなっていないのです。
例えば→ http://seosearch.biz/

上記の様な形でリンクがない状態の物がリンク元として含まれていたのです。

そこでピンときたのがこちらの記事です。

リンクなしの言及、“サイテーション”はウェブ検索のランキングにも影響するのか

こちらの記事から引用させて頂くと

ただ、URL自体が言及されているならば(URLが直接ページに書かれているならば)、たとえそれにリンクが張られていなかったとしても、Googleは理解できそうです。
Googleがリンクのないサイテーションをランキングの評価要因にしてそうな気配や合理性はあるものの断定することはできません。


今回のウェブマスターツールで発見したリンク元がサイテーションの作用によって出てきたとすれば

URL自体が付言されているならば、リンクがなくても評価対象になり得るかもしれない。

ただし、「かもしれない」です。

個人的には可能性はあると思っていますが、どうなんでしょうかね?


コメント
http://で始まる文字を自動リンクする系統のブラウザーアドオンの可能性のほうが高いような気がします。
  • Luvsic
  • 2011/09/24 7:25 AM
Luvsicさんコメントありがとうございます。

アドオンでリンクになった物をクリックしてそこから訪問する事によってGoogleがリンク元と判断したという事でしょうかね?
ちょっと僕には理解出来ませんが汗

まあ、今回のウェブマスターツールの件を抜きに考えても「サイテーション」の作用によって評価されるという仕組みはあってもおかしくはないと思っています。
  • e-search
  • 2011/09/25 8:06 AM
コメントする








   

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM