meta descriptionのSEO効果

meta descriptionのSEO効果

meta descriptionに関してちょっと面白い事例がありましたのでご紹介します。

以前に、meta descriptionはページのコンテンツとしては扱われないという記事を書いたのですが、

今回の事例は「検索キーワードとのマッチングとして見てる」という内容です。
僕の管理サイトであるSEO対策 e-searchのmeta descriptionに

「イーサーチ」というテキストを入れました。

コンテンツの本文にもこのキーワードは一切ありません。

ですので今まではこの「イーサーチ」というキーワードでは検索に掛からなかったのですが、

イーサーチの検索結果
meta descriptionにキーワードを含めた事によって2位に現れる様になりました。

キャッシュを見ると
キャッシュなう
例の如く「このページへのリンクだけに含まれてるキーワード」ってなりますけど、そんなアンカーテキストでリンクは受けてません。

e-searchが「イーサーチ」と人間であれば認識出来る訳なんですけど、

meta descriptionにキーワードを入れる前は全く無視されていました。

今回のmeta descriptionにキーワードを入れてあげる事で、Googleの中で関連付けが出来たのでしょうかね?

ご丁寧にサイトリンクまで出てますから、そんな感じではないかと。。

ただなんども言ってますけど、meta descriptionにキーワードを沢山入れたら順位があがるとか
そういう問題ではありませんので、誤解の無いようにお願いします。

検索キーワードとのマッチングとしてmeta descriptionを見てると思いますが、

SEO対策に効果があるからキーワードを入れるのではなく

meta descriptionは検索結果ページでユーザーがスニペットとして見た時にわかりやすく、
興味を引くような文章にするのが一番大切だと思います。

※追記

この記事を書いた2時間後には、TOPページが消えてこの記事に入れ替わるという現象がありました。

最終的にはこの形で落ち着きました。
イーサーチ検索結果


コメント
コメントする








   

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM