サイトの信頼度を決めるリンクの質とコンテンツ

JUGEMテーマ:SEO


サイトの信頼度を決めるリンクの質とコンテンツ


今回はリンクの質の部分とかに関してちょっと書いてみようかなって思います。

新規ドメインあるいはそれに類する新しめのサイトと仮定してお話します。


リンクの質とサイトの評価

リンクにはキーワードマッチによってキーワードとの適合度を高める要素と

ページ(ドメイン)の質を高める要素と2種類あると仮定します。
ページの質を高めるリンクはリンク元ページの質が大きく関わってると思います。

リンク元ページの質が高ければそこから発せられたリンクはリンク先に質の高いリンクを流してくれる。

逆にリンク元ページの質が低ければ質低い(悪い)リンクが流れてくる。

で、質の低い(悪い)リンクばかりが集まってくるとなかなかGoogleからの信頼を得る事は難しくなってくると思います。

この辺はリンク元のドメイン単位での質も関わってくるかもしれません。

信頼の低いサイトと認定されてしまうとターゲットキーワードではなかなか順位も上がってこないと思います。

キーワードマッチのリンクをいくら受けようがリンク元の質が悪いリンクばかり受けているとダメでしょう。

それが例えワンクッションリンクだろうがツークッションリンクだろうが

それぞれのリンク元の質が悪い物ばかりでは、返って質の悪さを強調するだけにしかならないと思います。

息子の友達が悪い子ばかりで息子も悪い子の仲間にどんどんなっている状態のイメージですかね。

息子を更生させるには友達から引き剥がすか、友達も一緒に更生させるしかありません。

この辺はトラストランクの考え方と同じですね。

タイトルリンクやURLリンク、最近話題のバイネームリンク、この辺のリンクが過剰アンカーテキストを中和させたり

サイトの評価を高める様な作用があるというのは、自然発生的なリンクのされ方だからかもしれませんね。

リンク元のリンク元がよっぽど低評価の塊みたいな感じでなければ、普通に質をプラスにしてくれるリンクだと思います。


リンクの質も大切だけどとりあえずコンテンツでしょ

質の高いリンクを受ける事で質の低いリンクに負けないサイトにする事が出来るでしょう。

といっても質の高いリンクはそうそう受けれる物ではありません。

ですので、リンクの質を気にする前に下手な自作リンクは付けないでコンテンツの育成に力を注いだ方が賢明です。

コンテンツの質を高める事によって内部リンクでキーワード適合度も上がってきます。

難易度の低めなキーワードならこれで十分です。

ユーザー目線の中身のあるコンテンツを作成していく事は多くのアクセスを運んでくれるメリットもありますし、

長い目でみればそれがビッグワードで戦う強い武器になってくると思います。


コメント
コメントする








   

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM