共起語SEOで順位が上がる理由

JUGEMテーマ:SEO


共起語SEOで順位が上がる理由

海外SEOの鈴木さんの記事で、共起語SEOをもう一度解説してみるという物がありました。

とても興味深い内容でしたので、なぜそれで順位が上がるのか?を考えてみました。

共起語とは「よく一緒に使われる言葉」という事なのですが、

何かのテーマについて作成したウェブサイトやブログでテーマを深く掘り下げようと思えば

自然に共起語は含まれてくると思います。

コンテンツを簡単に済ませようと思えば共起する語は出てこないでしょうね。

コンテンツを充実させる事によりGoogleからの評価が高まるのか?

Googleがページのテーマを見る際に、テキストを見ているのは周知の事実なのですが、

単語単位、あるいはフレーズ単位で見ていると思います。

ページに出てくる単語の出現数を数えて、その分野に偏りなく出現していれば一般語

分野に特化した物は重要語として認識しているかと思います。

あるいは共起語を見てキーワードを抽出しているかもしれません。

そう考えると、共起する語を使ったコンテンツや別ページでさらに詳しく掘り下げたコンテンツがある場合

アルゴリズムでコンテンツの良し悪しを判断する一つの目安にしているのではないかと思います。

まあ憶測の域は脱せないのですが、共起語SEOで順位が上がる理由はそういう事なんじゃないのかな?

どちらにせよ、薄っぺらなコンテンツよりは

ユーザーに役立つ濃いコンテンツが好ましいのは誰が見ても明らかです。

ただ鈴木さんの記事にもある様に、過剰な使い方は逆効果になる可能性もあるので

文章レベルで自然な形が妥当なんでしょうね。

※追記

事情により中途半端な内容になってしまいましたので、コメントまたはツイッターで補足して頂けると幸いです。

※追記

天照SEOブログさんが「共起語SEO」の効果?とも思えるランクアップ事例という記事を書いてくださったのでリンクしておきます。


コメント
コメントする








   

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM