セルフSEOを行なう際の6つのポイント

JUGEMテーマ:SEO


セルフSEOを行なう際の6つのポイント

セルフSEO(業者に頼まずに自分でやるSEO対策)を行なう際のポイントをまとめました。
僕自身もセルフSEOをやってきましたので、今までの経験談も踏まえて公開します。
皆様のお役に立てれば幸いです。

1・キーワードの選定と関連ワードの調査

ウェブサイトを作成する前の段階でやっておきたい事は、
メインのキーワードとそのキーワードに関連するワードの調査です。
商用サイトであれば実際のそれらのキーワードで上位表示された際に、
どれくらいのコンバージョンに繋がるのかを知るには
アドワーズ等のPPC広告で試してみる事が手っ取り早いと思います。
セルフSEOでそこまでするのはちょっとって方は、メインキーワードだけは慎重にチョイスしてください。
それ以外にも、競合の調査を行なって上位表示可能なのかを調べる事も重要です。
競合を調べる際に、それらのサイトが実際に使用している関連ワードを調べる様にします
キーワードツール等で調べる関連ワードよりも、実際に需要のあるキーワードを知る事が出来ます。
それと、自分のサイトだけしか詳しく付言していない様なコアなキーワード等も考えておくといいと思います。

2・ドメインの選定

メインのキーワードが決まったら、ドメインの選定を行ないます。
ドメイン名はキーワードと関連性のある物を選定しておきたい所です。
SEO的にも、キーワードに英字が入る物があればドメイン名に積極的に取り入れる様にします。
日本語ドメインまで取る必要は個人的にはないと思いますが
ユーザーが違和感を覚えない様なドメイン名にする事が大切です
ワードプレス等を使用するのであれば、各ページ毎に日本語URLに設定するといいと思います。
参照→パーマリンク設定

3・サイトの固有名詞の重要性

サイトを作成する際に固有名詞を決めておきましょう。
固有名詞はタイトルタグに必ず入れる様にします。
これは後で説明しますが、リンクを受ける際の重要なポイントにもなりますし
その固有名詞で検索されるようなブランディング戦略にも必要となってきます。
ユーザーが「この内容に関してはこのサイトが良い」と思う様になるのにも
固有名詞が無ければ口コミで広まり難い状態になってしまいます。
また、コンテンツページが検索結果に表示された際にも、
固有名詞がタイトルに入っているだけで、すぐにあのサイトだと判断出来る様にもなると思います。
タイトルに関しては、各ページ毎に適切なタイトルを入れるのもお忘れなく。

4・ユーザーと検索エンジンに好かれるサイト構造にする

サイトの構造を分かりやすくする事はユーザーにも検索エンジンに対しても重要な事です。

・サイトナビゲーションの設置(パンくずリスト)
ナビゲーションの設置はユーザーに分かりやすい位置に置くことが重要です。
また検索エンジンのクローラーもそのリンクを辿ってサイト内ページを巡回しやすくなります。

・静的なサイトマップの設置
静的なサイトマップの設置もクローラーの巡回に役立ちます。
ページ数が多い場合はサイトマップページを複数に分けておきます。

・より深い内容でオリジナリティのあるコンテンツ
GoogleのSEOにはとても大切な部分です。
何かの情報に対してより詳しく付言したコンテンツであり、オリジナルな内容も加味する事がポイントです。
ユーザーに役立つ情報をもったコンテンツや、面白い内容のコンテンツは
ナチュラルリンクを得やすく、ソシャールメディアが普及してきた今、簡単に共有されやすくなります。
コンテンツページにツイッターのツイートボタンやフェイスブックのいいね!ボタンを配置するのも良いと思います。
上位表示をさせたいキーワードをタイトルとコンテンツ内で付言するのも重要です。
ただキーワードが含まれていれば良い訳ではなく、
その内容について詳しく書かれているかどうかも重要なポイントとなります。
それによって、受けるべきリンクが決まってきます。
参考→受ける被リンクの可能性を考える

・適切な内部リンク
サイト内へのリンクを行なう際は、出来る限りテキストリンクが望ましいです。
画像でリンクを貼る際には、必ずALTタグでリンク先ページの内容を簡潔に表してあげます。
TOPページから各コンテンツページへリンクを貼ります。
重要なコンテンツ(関連キーワードのコンテンツ)はメイン部分からリンクを貼る

各コンテンツページからも関連性のあるページにリンクを貼る

・サイト内検索を設置する
サイト内検索はSEOとはあまり関係ありませんが、規模の大きなサイトでは必須です。
ユーザーが探したいページをすぐに見つけれる様にサイト内検索を設置しましょう。
サイト内検索にGoogleを使用する場合は、このページを参照してください。

5・リンク構築を考える

セルフSEOで最大の難点ともいえるのはリンク構築です。
上記で紹介しました、オリジナリティのあるコンテンツ以外に
どうやって良質なリンクを獲得するのかが問題なのですが、
サテライトサイトを作成するのが良いでしょう。

サテライトとメインサイトには関連性があり、
かつサテライトの内容もユーザーに役立つ充実した内容にします。
サテライトにもナチュラルリンクが付く様な状態がベストです。
この様なサイトやブログからメインサイトにリンクを貼る事で
リンク元のリンク元まで関連性を繋げる事が出来ますので
とても良質なリンク構造になります。

メインサイトがダイエット関連のサイトだった場合、サテライトもダイエット関連の物にすれば良いのです。
ユーザーに役立つと思われるコンテンツを作成するのが困難な場合には、
自分の得意な分野をサテライトにする方法もあります。
得意な分野であれば、役立つコンテンツを作成する事もそれほど苦にならないでしょう。
得意な分野とサイトに関連性がまったく無い場合には、強引に関連付けちゃいます。

タイトルや内容にメインサイトのキーワードをいれてコンテンツを展開する方法です。
例えば、「インプラントに興味がある僕のSEOブログ」なんてのを作ると
ブログの内容は自分の興味があり得意なSEOブログですが、
インプラントに関連される内容を盛り込む事でメインサイトのインプラントへ良質なリンクを渡せる事になります。

良い例としては、天照SEOブログさんなんかですね。
SEOブログなのに、天照とタイトルに付けているので「天照」で検索してもTOP10にいます。
このブログからメインサイトの天照に関するサイトにリンクを貼ると非常に質の良いリンクが渡せると思います。

その他には、定番の相互リンクや中小エンジン登録もありますが、
もう一般的に広まっていると思いますのでここでは割合します。

6・被リンクのアンカーテキストを考える

リンクを受ける際に注意したいのが、アンカーテキストの内容です。
キーワードリンクは確かに上位表示に大きく貢献しますが
現状のGoogleのアルゴリズムを考えるととてもリスキーなリンクです。
ここでサイトの固有名詞が登場してきます。
サイトの固有名詞とキーワードのリンクは現状ペナルティ皆無です。(僕の経験上)
僕のサイトでいえば「SEO対策 e-search」でリンク受ければ全然問題なく、有効にリンクスコアを受ける事が出来ます。

サイトタイトルがキーワードになっている場合、キーワードリンク=タイトルリンクになりますが
これは内容がそのキーワードしかないという専門性の高いコンテンツであれば大丈夫っぽいですが(確証はありません)
そうではないのであれば、タイトルリンクだからといって過剰なキーワードリンクをしたら無効化されるはずです。
そもそもキーワードがタイトルというのは、ちょっとSEOを意識しすぎだと思います。

サテライトブログ等でよく見かけますが、サイドバーにメインサイトへ単一キーワードのみでリンクしているのは危険だと思います。
1つや2つのブログならまだしも、複数のサテライトブログからキーワードでROSリンクしていると
そのリンクが無効化されて、順位が下がるケースがあります。
サイトの状態(現状の被リンク構造)によってケースバイケースですが、出来れば避けた方が無難だと思います。
画像使い回しの件
こうならない為にも。。。

関連コンテンツ

SEO対策のポイントを解説


コメント
URLはまだありませんので、一から教えてください。
  • yanagi syouko
  • 2014/07/30 2:15 PM
すいませんが、1からというのはちょっと無理です。
  • e-search
  • 2014/08/01 8:05 AM
コメントする








   

SEO対策 e-searchの公式ブログ

このブログはSEO対策 e-searchの公式ブログとなります。

様々なSEOに関する情報を公開していくと共に、自分自身の成長にも繋がる様なSEOブログにして行きたいと思っています。

お問い合わせ

SEO対策 e-searchのツイッター
ツイッター

オススメのSEO業者さん達!

最新且つ効果的なSEO対策を提供する
いまどきのSEO対策さん

お気に入りブログ

海外の最新検索エンジンマーケティング情報を配信する
海外SEO情報ブログ

SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信
SEMアドバイザーの揺さBrain!

昨今のSEO対策やSEM(検索エンジンマーケティング)について更新しています
天照SEOブログ

人気記事

新着エントリー

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM